正しいスキンケア

ニキビができると気になって何度も触ったり、自分で潰してしまったりした経験をした人もいるでしょう。こうした行為は炎症を引き起こしてニキビを悪化させる可能性があります。同様に間違ったスキンケアもニキビを悪化させる原因になります。ニキビを予防するための正しいスキンケアとはどのような方法でしょう。

スキンケア思春期のニキビ予防は肌を清潔に保つことが大切です。しかし洗顔のし過ぎは禁物です。力強く洗ったりタオルで強く拭いたりして、肌を守るバリア機能に必要な角質が剥がれ落ちてバリア機能が低下します。そして皮脂の分泌が増えアクネ菌を抑えられずに、ニキビができます。正しい洗顔方法は、洗顔料をしっかり泡立てて泡で優しく肌を洗います。スクラブ入り洗顔料の使い過ぎも要注意です。ニキビには刺激が強く悪化させる危険性があるので、ニキビのない時に週に1回程度の使用にとどめます。

余分な皮脂を取り除くことも思春期のニキビ予防に大切ですが、保湿は欠かせません。保湿をすることで肌のバリア機能が正常になります。その結果角質が毛穴に詰まりにくくなり、アクネ菌の増殖を抑えてニキビのできにくい状態になります。乾燥は天敵です。洗顔後に必要な保湿ケアをしてニキビ予防をすることを心がけましょう。

良質な睡眠やバランスのとれた食生活も思春期のニキビ予防には重要です。規則正しい生活と正しいスキンケアで、正常な肌のバリア機能をキープして思春期ニキビを予防しましょう。