正しいスキンケア

ニキビができると気になって何度も触ったり、自分で潰してしまったりした経験をした人もいるでしょう。こうした行為は炎症を引き起こしてニキビを悪化させる可能性があります。同様に間違ったスキンケアもニキビを悪化させる原因になります。ニキビを予防するための正しいスキンケアとはどのような方法でしょう。

スキンケア思春期のニキビ予防は肌を清潔に保つことが大切です。しかし洗顔のし過ぎは禁物です。力強く洗ったりタオルで強く拭いたりして、肌を守るバリア機能に必要な角質が剥がれ落ちてバリア機能が低下します。そして皮脂の分泌が増えアクネ菌を抑えられずに、ニキビができます。正しい洗顔方法は、洗顔料をしっかり泡立てて泡で優しく肌を洗います。スクラブ入り洗顔料の使い過ぎも要注意です。ニキビには刺激が強く悪化させる危険性があるので、ニキビのない時に週に1回程度の使用にとどめます。

余分な皮脂を取り除くことも思春期のニキビ予防に大切ですが、保湿は欠かせません。保湿をすることで肌のバリア機能が正常になります。その結果角質が毛穴に詰まりにくくなり、アクネ菌の増殖を抑えてニキビのできにくい状態になります。乾燥は天敵です。洗顔後に必要な保湿ケアをしてニキビ予防をすることを心がけましょう。

良質な睡眠やバランスのとれた食生活も思春期のニキビ予防には重要です。規則正しい生活と正しいスキンケアで、正常な肌のバリア機能をキープして思春期ニキビを予防しましょう。


思春期ニキビとは

思春期のニキビは青春のシンボルという声も聞きますが、ニキビができている本人もそう思っているとは限りません。思春期のニキビはなぜできるのでしょう。

アクネ菌思春期のニキビは過剰な皮脂の分泌によるアクネ菌の増殖が主な原因です。成長期になると男性ホルモンが多量に分泌されます。女性も男性ホルモンを持っているので、男女関係なく男性ホルモンの影響を受けて、過剰に分泌された皮脂と古い角質によって毛穴が詰まりやすくなります。毛穴が詰まると酸素が少なく皮脂を好むアクネ菌が増殖して、皮膚の周りに炎症が起きてニキビになります。

人の皮膚や毛穴にいるアクネ菌は、肌のバリア機能が正常な時には肌に悪影響を与えません。肌のバリア機能とは肌が本来持っている機能で、肌表面の0.02㎜の角層にうるおいを蓄え外部刺激から肌を守ります。バリア機能は正常だとアクネ菌からも肌を守ってくれます。しかしバリア機能は油分と水分のバランスが崩れると低下して、アクネ菌を抑えられなくなります。適切なスキンケアがされていないと肌が乾燥してバリア機能が低下してしまいます。その結果、角層が厚く毛穴がつまりやすくなったり、皮脂の分泌が増えたりする場合があります。まさにアクネ菌の好む場所です。

アクネ菌が活発になる環境にしないためにも、水分と油分のバランスを保ちながら肌のバリア機能を整えることが思春期のニキビ予防にもつながります


思春期のスキンケア

多くの人が経験するニキビ。CMやドラッグストアの化粧品や医薬品コーナーのニキビ対策商品の多さから、悩んでいる人が多いことがわかります。中学生や高校生になると増え始める思春期ニキビを防ぐための正しいスキンケアはどのような方法があるのでしょう。

ニキビ思春期のニキビには肌を守るバリア機能が影響しています。思春期のニキビは男女ともに男性ホルモンの増加によって皮脂が過剰に分泌された結果、アクネ菌が増殖してニキビが発生します。アクネ菌はニキビの直接的な原因ではなく悪化させる要因と考えられています。そのため肌のバリア機能が正常な時は、アクネ菌は悪さはしません。強い刺激や乾燥などさまざまな原因により肌のバリア機能が低下すると、過剰な皮脂の分泌や毛穴が詰まりやすくなりアクネ菌が悪さをしてニキビができます。

思春期のニキビ予防のためには、余分な皮脂を取って肌を清潔に保つことが必要です。そのためには正しいスキンケアが大切です。間違ったスキンケアは肌のバリア機能を低下させ、ニキビの発生につながります。例えばスクラブ洗顔料を使い過ぎる、過剰な洗顔をしたり保湿を怠ったりといった行為です。優しい洗顔やきちんとした保湿が肌のバリア機能を正常にして、ニキビの予防につながります。

ホルモンの影響などから多くの人にできる思春期のニキビですが、肌のバリア機能とも密接に関わっています。このサイトでは思春期のニキビと肌のバリア機能の関係から、春期のニキビ予防にはどんなスキンケアが効くのかまで説明します。