思春期のスキンケア

多くの人が経験するニキビ。CMやドラッグストアの化粧品や医薬品コーナーのニキビ対策商品の多さから、悩んでいる人が多いことがわかります。中学生や高校生になると増え始める思春期ニキビを防ぐための正しいスキンケアはどのような方法があるのでしょう。

ニキビ思春期のニキビには肌を守るバリア機能が影響しています。思春期のニキビは男女ともに男性ホルモンの増加によって皮脂が過剰に分泌された結果、アクネ菌が増殖してニキビが発生します。アクネ菌はニキビの直接的な原因ではなく悪化させる要因と考えられています。そのため肌のバリア機能が正常な時は、アクネ菌は悪さはしません。強い刺激や乾燥などさまざまな原因により肌のバリア機能が低下すると、過剰な皮脂の分泌や毛穴が詰まりやすくなりアクネ菌が悪さをしてニキビができます。

思春期のニキビ予防のためには、余分な皮脂を取って肌を清潔に保つことが必要です。そのためには正しいスキンケアが大切です。間違ったスキンケアは肌のバリア機能を低下させ、ニキビの発生につながります。例えばスクラブ洗顔料を使い過ぎる、過剰な洗顔をしたり保湿を怠ったりといった行為です。優しい洗顔やきちんとした保湿が肌のバリア機能を正常にして、ニキビの予防につながります。

ホルモンの影響などから多くの人にできる思春期のニキビですが、肌のバリア機能とも密接に関わっています。このサイトでは思春期のニキビと肌のバリア機能の関係から、春期のニキビ予防にはどんなスキンケアが効くのかまで説明します。